創立から今年で63年になりました       ENTER

写真をクリックしてみてください

  第一期 1953〜1982

  第二期 1983〜2000

  第三期 2001〜

第一期

昭和28年、戦争の爪痕が残り、戦後の文化と言えるものがようやく芽生え始めたその時、合唱を愛する人たちの手で、岡谷に一つの小さなタネが蒔かれました。タネは元気に芽を吹き、以来、混声合唱という美しい花を咲かせ続けています。それが私たち「岡谷合唱団」です。
 創立以来取り組み続けている宗教曲を中心に、日本の美しい叙情曲、新々の作曲家の邦人作品などに積極的に取り組んできました。
 創立から30年間は 渡辺 功 先生によりコンクール出場に参加する事でレベルアップを計ろうと厳しい練習を積み重ね,県・中部地区代表として全国大会にも駒を進めました。

第二期

 1982年から常任指揮者に関屋晋先生というプロの音楽家をお迎えし、ハイクオリティーな音楽づくりを体験しました。中でも晋友会合唱団の一員として小澤征爾氏指揮によるベルリンフィルハーモニー交響楽団の定期公演で『カルミナ・ブラーナ』に参加する事ができたのは特筆です。サイトウキネンやカノラ芸術祭のオペラ「御柱」の舞台にも参加するなど、活動の幅を広げてきました。

第三期

 いま現在は合唱団の規模は小さくなりましたが、一人一人が気持ちよく歌えるような声作りに取り組み,ハーモニーを楽しみながらアンサンブルしています。そんな家庭的な雰囲気が岡谷合唱団の持ち味になっています。これからも、どうぞ岡谷合唱団をよろしくお願いします!






















管理人のHPです

inserted by FC2 system